Panasonic、TOSHIBA、MITSUBISHI、HITACHI、DAIKIN、CORONAなど、エコキュートが最大60%OFF!エコキュートの設置・交換はおまかせください!

スポットリフォームで、暮らしをもっと安心に、もっと快適に。

他社とは違うリベルカーサのイイところ

在庫のある商品なら最短で即日の工事が可能

出張・調査見積り・キャンセル料などは無料です

自社スタッフが責任をもって丁寧に工事します

お見積り額=お支払い額の明朗会計です

エコキュートとは?

『エコキュート』は環境にも家計にもやさしい電気給湯器です。

『エコキュート』は『自然冷媒ヒートポンプ給湯器』の愛称です。再生可能エネルギーである空気中の熱を集めて移動させる、ヒートポンプ技術を利用してお湯を沸き上げています。割安な夜間電力を使用するので給湯コストを大幅に削減でき、家計にやさしく、自然冷媒を使用しているので、地球にもやさしい電気給湯器です。

エコキュートイメージ

エコキュートのしくみ

『エコキュート』はお湯を沸かす「ヒートポンプユニット」とお湯を貯める「貯湯ユニット」の2つの機器から構成されています。
大気熱を「ヒートポンプユニット」に取り込み、「自然冷媒(CO2)」で圧縮することで高温化し、この熱で「貯湯ユニット」からの水を水熱交換器で温めてお湯を作ります。このお湯はキッチンやおふろ・シャワーなどで使用が可能です。
『エコキュート』が採用している自然冷媒は、従来のフロン系冷媒と違い、オゾン層にダメージを与えず、地球温暖化係数もフロン系の約1,700分の1。快適に暮らしながらCO2の削減がはかれます。

エコキュートのしくみイメージ

エコキュートのお風呂のあたため方は3タイプ

フルオートタイプ:お湯はりから保温・足し湯まですべておまかせの全自動タイプ。 オート(セミオートタイプ):自動でお湯はり。入浴中もワンタッチでラクラク湯温・湯量調節。 給湯専用タイプ:蛇口から手動で給湯。シンプルな給湯専用タイプ。

タンク容量の選び方

『エコキュート』はご家族の構成に合わせて貯湯タンクの容量を選ぶことが出来ますが、将来家族が増えることなども想定して、適したサイズを選ぶ必要があります。
適した容量より小さいサイズを購入してしまうと、タンクに貯めているお湯を使いきってしまいそうな時に、追加でお湯を沸かすことになり、電気代の高い時間帯などなら、効率が悪くなる場合もあります。
タンク容量の目安は、普段浴槽に貯める湯の量や、朝にシャワーを使う人数や頻度、洗面やキッチンでの皿洗いに利用する湯量などを計算して決めますが、例えば、【家族全員が夜のお風呂はもちろん、朝のシャワーも必ず使う】というご家庭では、目安より大きめのタンク容量を選ぶと良いでしょう。
『エコキュート』は、お湯の使用状況を学習して、必要な量を必要なエネルギーで沸かし、湯量の調整をしてくれるので、容量が大きいタンクを選んでも、電気代が大幅にUPするということはなく、安心です。

家族構成に合わせたタンク容量の目安

設置スペース

『エコキュート』は「ヒートポンプユニット」と「貯湯ユニット」の2つの機器を設置するスペースが必要になります。「ヒートポンプユニット」はエアコンの室外機より少し大きい程度、「貯湯ユニット」はとても大きいので十分なスペースが必要です。「貯湯ユニット」はお湯を貯めるタンクが1缶式と2缶式(薄型)とがあります。 新築の場合は設置スペースを要望に合わせて確保することができますが、既築の戸建てや集合住宅の場合、設置スペースに成約が出ます。取り替えなどの場合、周りの環境や機種によっては設置が難しい可能性もありますので、設置できる形、サイズを良く確認しましょう。

設置スペース:角型(1缶式) 設置スペース:薄型(2缶式) 設置スペース:スリム型(1缶式)

※メーカーやタンク容量によってサイズが異なりますので、各商品のサイズを良くご確認ください。

エコキュート 商品ラインナップ

パナソニック(Panasonic)KGCシリーズ HE-K37GXCS

工事費も当店特別価格でおトク!

ガス給湯器 交換・取付け工事費

○電気温水器→エコキュート へ交換 の場合 …

100,000円(税抜)

○ス給湯器・石油給湯器→エコキュート、 または新規設置 の場合 …

別途お見積もり

※既存品の撤去・処分費・出張費・駐車場代その他諸経費込み

エコキュート交換・設置の流れ